Twitter Happiness

VOICESは、Twitterでコメントをしているイタリア人の気分をモニタリングすることができます。ピンポイントで110の地方別に集計されたデータを使うことで、時間の変化と地理的な違いという視点のバリエーションで幸福と悲しみのレベルを検出することができます。

iHAPPY指標

投稿は「幸せ」か「悲しい」にカテゴライズされ iHAPPY 指標へ変換されます。iHAPPYはオンライン上のイタリア人のコメントでどのくらい幸せかを計測する手法で、このように計算されます;

*numero di posti felici (幸せ気分の投稿数)+numero di posti tirisiti (悲しい気分の投稿)

iHAPPYのユニークさは自然発生してきたリアクションや、より素直なコメントを集計し分析してその地方における幸福度や不幸度を観察することができることです。

リサーチ結果

iHAPPY指標の結果はTwitterやFacebookで見ることができ、AndroidやiOS用のiHAPPYアプリで日々のイタリアの幸福度をモニタリングすることができます。

 

Wired Italy と Cirriere della Sera とのコラボレーションで、VOICESは2012年から2015年にかけて各地方で収集してレポートしたデータを iHAPPY eBookとして出版することができました。これらの本では、イタリア人を幸せまたは不幸にした要因となるものを特定した年ごとの分析結果を掲載しています。

The WIRED Next Index

Wired Index とはイタリアで初めて経済指標「伝統的」(雇用数、創業数、消費者と企業間の信頼度、輸出バランス値)を数学的モデルに基づきまとめることを可能にした最初の指標で、毎日Twitterで実況をしています。この指標はイタリア国内の個々のマクロレベルにおける日々変化する値と予測・予報値であり0から100で示され、100は幸福度と楽観度の最大値を意味します。この指標はVOICESがWired向けに特別に考案したものです。

 

The            barometer

2015年の万博は期待、熱意、ときたま失望を生み出したイベントでした。
EXPO のためにVOICESは万博の社会における経験を調査することができる計測法、EXPOバロメーターでディベートを通してモニタリングしていました。この指標を通して5月から10月の開催期間中における万博のWebにおける評価を読み取りました。